読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高価な物が良い物とは言わないが 良い物は大抵高め。


f:id:nogo_studio:20160423115109j:plain

最近カメラバックを買いました。

 

Thinktank photo Urban Disguise classic 40 と言うやつです。

 

www.thinktankphoto.jp

 

断捨離をするようになり

 

極力、無駄な物は買わない様にしてるワケですが

(と言うより本当買わなくなるのですが)

 

それでも必要な物と言うのは

 

買わざるを得ないわけで

 

購入する時は結構ウジウジ悩みます。

 

バック買うのですら

数カ月、普通に悩みます(笑)

 

blog.nogo-artwork-studio.com

 

以前にハクバの物を購入したのですが

ちょっと雑に扱ってしまったのか

 

数カ月で壊れてしまったんですね。

 

と言うか

 

僕の場合、撮影の小物であったり

レンズであったり何かと多いので

 

多分、耐久性をこえてしまったんだと思います(笑)

 

そしてその時思ったのが

 

「あぁThinktankの買っておけば良かった…」

 

ハクバのものと

この Thinktank のものは

 

カメラバッグの大きさ

入れられる量的な部分で言うとほぼ同じなんです。

 

ただ少し下世話な話しになりますが

 

ハクバ ¥5000くらい

Thinktank ¥25,000くらい

 

とお値段が全然違うわけです。

 

価格差5倍ですからね。

 

なので当時はハクバのものを購入したのですが

 

案の定壊れてしまったので

 

今回 Thinktank のものを購入しました。

 

こうゆうのをきっと巷では

「安物買いの銭失い」と言うのでしょう(笑)

 

まだ断捨離前でしたし

「仕方の無いことだ」と受け入れますが

 

やっぱり思ったのは

 

同じような性能なら

 

価格が高いものを選ぶべきだなと。

 

ブランド料と言うのも多少あるのでしょうが

高いには高いなりの理由がやっぱあるんですね。

 

痛みやすいところは革でカバーされていたり

肩パット部分も厚めのクッションが入ってたり

 

全体の作りもとてもシッカリしてますし。

(耐久性が全然違う)

 

f:id:nogo_studio:20160423123003j:plain

あと結構細かい部分ですが

ストラップの留め具の部分が鞄と擦れない様にカバーされていたり

 

f:id:nogo_studio:20160423123132j:plain

 

フラップ部分を開閉するさいのマジックテープの

「ビリ音」を発生させないためにカバーがつけれられていたり

 

f:id:nogo_studio:20160423123324j:plain

f:id:nogo_studio:20160423123332j:plain

何かと、行き届いていると言うか(笑)

 

サービスでも何でもそうですが

 

値段が高いと言うのは、高いなりの理由がありますし

安かろう悪かろうではダメと言うことですね。

 

大事に使っていこうと思います。

 

それではまたっ

 

 

thinkTANKphoto アーバンディスガイズ40クラシック ブラック 008177
シンクタンクフォト (2014-11-20)
売り上げランキング: 308,991