読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinktankphoto Hubba Hubba Hiney フバフバハイニー


f:id:nogo_studio:20170126205126j:plain

Thinktankphoto Hubba Hubba Hiney フバフバハイニー

米俗語で「早くしろ!」と言う名が付けられた

カメラバック。

 

言葉の通り「早く買っておけば良かった」と素直に思えるバックです。

 

Thinktank はキャリータイプとリュックとショルダーと

使用しておりますが

 

正直全部良いですね。

 

今までロープロ/f64/HAKUBA/バンガード/Nikonオリジナル/TENBAなど

色々と使ってきましたが

 

僕はThinktankが一番好きと言うか

多分もう他メーカーのは買わないなと思っています。

 

f:id:nogo_studio:20170126210120j:plain

上から見た図です。

 

中敷はマジックテープになってますので

好きな幅で調整出来ます。

 

f:id:nogo_studio:20170126210421j:plain

レンズを3本入れてみました。

この感じで使うことが多いです。

 

f:id:nogo_studio:20170126210504j:plain

左からNikon 50mm / Nokton 58mm / SIGMA15mm(fisheye)

 

単玉3本入れて持ち運ぶのに

調度良いサイズです。

 

ちなみに中敷を外すと

 

フードをはずした状態(横置き)になりますが

70-200mmF2.8クラスを入れることも出来ます。

 

f:id:nogo_studio:20170126210839j:plain

外側の収納部分は77mmの

キャップをすっと入れられるくらいのと

 

f:id:nogo_studio:20170126210932j:plain

中には小銭入れなどを入れることも出来ます。

 

この部分は若干マチがないので

あまり幅のあるものは入れれません。

 

f:id:nogo_studio:20170126211052j:plain

このフバフバハイニーで

ちょっと残念かなと思ったのが赤枠の部分。

 

使用していくうちにボロボロになって

切れないか心配なのですが、どうなのでしょう。

 

プラスチックの場合でも折れたらなどと

思う部分もあるので、使い方次第なのかもしれませんね。

 

ですが、このサイズ感であったり

全体的に頑丈な作りであったり

 

フラップではなくジップを採用し

 

上からレンズをさっと出せて交換を行えるのは

やっぱ使いやすいものです。

 

blog.nogo-artwork-studio.com

 

こちらのレンズホルダーと併用することも多いですが

どちらも使いやすいので、重宝してるアイテムです。

 

現場であまり大きなバックを持ち運びたく方には

ホルダーもこのフバフバハイニーもおすすめ出来ると思います。

 

それではまた

 

thinkTANKphoto ウエストバッグ/ボディバッグ フバフバハイニー 4.5L ブラック 002281
シンクタンクフォト (2013-09-10)
売り上げランキング: 142,973