読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikon D610を仕事で一ヶ月使ってみた素直な感想。

カメラ機材等 Nikon

f:id:nogo_studio:20150112152642j:plain

Nikon D610を購入してから約一ヶ月程経過しました。

まず簡単にD610のスペックを書いておきます。

 撮像素子 / フルサイズ 35.9mm×24mm CMOS(約2400万画素)


ISO感度 / 標準:ISO100~6400 拡張:ISO50相当、25600相当

連射速度 / 6 コマ/秒

シャッタースピード / 1/4000~30 秒

あとはメーカーHPで見てください(笑)

http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d610/

とこんな感じのスペックのカメラになっております。

まず良い点。

• 非常に軽い(約860gくらい)

Nikon D700は1kgを超えてますので、凄い努力をしたなと思います。

D800を最初、手にした時も「かっるいな〜」
と思いましたが

D610に慣れるとD800も「おっもいな〜」
と感じてしまうのがちょっとアレです(笑)

•EXPEED3で階調がやっぱ豊か。

エンジンがD4/D800と同等のEXPEED3を搭載してますので
D800と併用して使用したさい、編集段階での色合わせが苦労なく出来ます。
ただD800の方が余裕がある分、若干ですがラティチュードが広く感じます。

•6コマの連写速度はやっぱ助かる。

これは素直に助かります。ただ、D800に慣れてしまった
せいか、正直、連写はあまりしなくなりました(笑)

•シャッター音が静か。

D800も静かですが、D610はさらに静かです。
これは舞台撮影や、インタビュー等の時に非常に良いですね

静音(Q)モードもありますが、使用しなくても
良いレベルだと思います。

•SDダブルスロットはCF一枚よりも安心。

これは文字通りで説明不要ですね。はい。

•バッファに結構余裕あり。

jpg/Raw 2枚同時記録で撮影してても
プレビューモニターが固まったり、シャッター押せなくなるとか
通常使用ならば問題なく、撮影出来ます。

ISOオートだと連写速度が下がる様ですが
ISOくらい自分で合わせましょう(笑)

とまぁ今パッと思いつく限りこんなトコです。
逆に悪いと言うか

ちょっと改良して欲しいところ。

•ファインダー内の水準器はD800と同じにして欲しかった。

D800のファインダー内水準器は水平/垂直
両方向にあるのですが

D610は水平のみです。

f:id:nogo_studio:20150112152726p:plain

D800水準器

f:id:nogo_studio:20150112152757j:plain

D610水準器

とこんな具合です。

D800は水準器表示をしてても
絞り/シャッタースピードの表示が消えないのですが

D610は水準器を表示すると
露出値は消えてしまいます。

ただD700の様に押しながらでないと
表示出来ないとかではないので

そこは良いかとも思いますが
出来ればD800と同等にしてもらえると良かったと。

•室内アンバー被りは改善されてない。

D600はダスト問題があり使用してないので
ワカリマセンがD800と比べると

明らかに室内アンバー被りは顕著に出ます。

ただ、それはAWBの場合で
ケルビンくらい合わせましょうと言うか

jpgはセレクト用/編集はRawってのが
殆どのカメラマンさんだと思うので

正直どうでも良い問題かもとも思います。

jpg撮って出しの即納品の場合は
ケルビンで合わせれば良い話なので。

ただRaw現像の環境が整ってない方は
D800の方がAWBは良いと思いますので
そちらをおすすめします。

•左軍艦部は若干使いにくい。

D610はD800と違いダイヤルモードを採用してますので
撮影中のカメラ操作は背面になります

f:id:nogo_studio:20150112152851j:plain

ですのでプロユースのカメラと比べると
若干の使いにくさは感じますが

まぁこれは仕方ない部分かと。

以上が改良してくれたら嬉しいかなと思う部分です。

AFについてですが
自分の場合、センターしか使わないので

正直、食いつき具合とか動きものはどーとか

そこら辺はあまり意識に無いと言いますか

MFで持ってけば良い部分も大いにあるので
正直ワカリマセン。


なぜD4ではなくD610を購入したか?

一番の理由は価格と言うより
D4(s)がカードをXQDを採用してるからです。

確かにD4は50万を越える高価なカメラですが
カメラマンやってて元が取れないと言う事はないと思います。

正直な話、D4がCF2枚のダブルスロットだったら
購入したなと言うのが素直な気持ちです。

なぜXQDが微妙かと言うと

Sandiskがすでに撤退しており
(Cfast2.0を選択)

今サポートしてるのは
ソニーとレキサーです。

ソニーはまぁアレですよね。

次のモデルでメディアを変えてくるのが多いので
XQDは最悪コレでおしまいのパターンになる可能性もありますし

自分のとこのカメラ(αシリーズ)にすら
XQDは非搭載なので

正直、意味ワカリマセン状態です(笑)

ユーザーとしては早くNikonさんはSONYさんと
離れてほしいワケでして

Nikonさんそこのトコ宜しく頼みます。

例えばこの先、SD→CF変換みたいに
SD→XQD変換が出るなら

D4sの購入は考えるかもしれませんが
多分その頃にはD5の噂も出るでしょうし

次はCF×2枚で作って頂ける事を願うばかりです。

とまぁ少し脱線しましたが

D610はトータルで見ると

買って損はないカメラだと思います。

とくにメイン機種がD800/D800E/D810の方は
サブとして、または3台目としても持ってて良いかと思いますし

自分自身、もぅ一台購入しようかとも思ってます。

ただD810の方が先かなとも思うので
そこは、お財布と相談となりますが(笑)

D700/D800と両方使ってきて思うのは

どちらのユーザーにも
D610は使い易いカメラではあると思います。

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610
ニコン (2013-10-19)
売り上げランキング: 53,733