Nikon AF-S 24-120mm F/4 G ED VR を仕事で使ってみた感想。


f:id:nogo_studio:20161005161355j:plain

Nikon AF-S 24-120mm F/4 G ED VR を仕事で使ってみた感想。

 

先月中旬頃にこのレンズを購入いたしました。

 

理由としましては

 

Nikon 24-70の予備としてと言うのと

 

簡単な取材等は

これ一本と広角で対応したいなと言う部分です。

 

今までは大体どの撮影でも

 

広角(18-35mm)

標準(24-70mm)

望遠(70-200mm)

 

これは標準セットで

カメラバックの中に入れていたんですが

 

いい加減重いなと(笑)

 

F2.8の明るさが必要な撮影には持っていきますが

それ以外は、ほぼほぼこのレンズで仕事でしています。

 

カメラの高感度性能が上がってるのと

120mm×1.5倍クロップで換算180mmまでカバー出来ますし

 

店舗や会社の取材などの撮影だと

本当これ一本と広角があれば対応出来てしまうんですよね。

 

f:id:nogo_studio:20161005162611j:plain

まずこのレンズの良い点として

 

ズーム全域でF4固定であること。

5倍ズームで120mmまで対応。

VR(ブレ補正)が公表上3.5段の補正効果。

ナノクリスタルコートであること。(個人的にはあまり好きではないんだけども...)

24-70mm F2.8(1型)より軽量であること。(約200gくらい軽いです)

高倍率ズームではあるが解像度も高く、画質は想像していたよりも良かった。

 

次にいまいちな点としては

 

・F4開放だと四隅光量落ちが顕著。

5倍ズームなので仕方ない部分もあるが、ディストーションは大きい。

   スナップ等には良いが、建築/物には不向き。

・最短があまり寄れない(最短45mm)

・F4開放でのワイド/テレ側のピント精度は良いが

    70mm〜85mmあたりが何となく弱い。(一段程度絞れば気にならない範囲)

 

と言う感じでしょうか。

 

あとこれは体感になりますが

F4固定のレンズですが

 

実効値としては F5 or F5.6 あたりじゃないかなと。

 

24-70mm F2.8 と同じ露出で撮り比べ等をしてないので

何とも言えない部分もありますが

 

個人的にはそう感じました。

 

f:id:nogo_studio:20161005170306j:plain

折角なので24-70mm F2.8 との簡単な比較でも。

 

左 : Nikon 24-70mm F2.8

右 : Nikon 24-120mm F4

 

並べてみると結構、大きさの違いを感じますね。

ちなみにテレ側にすると全長は同じくらいになります。

 

重量ですが

 

Nikon 24-70mm F2.8 : 900g

Nikon 24-120mm F4 : 710g

 

24-120mmの方が軽いです。

 

両方、所有してて思うのは

 

どちらのレンズの方が良いと言うよりも

仕事によって使い分け、棲み分けだなって。

 

あとは24mm〜100mm前後ってどの仕事でも

使うレンジなので

 

2本持ってる方が精神衛生上、良いと言うのも

大いにありますね。

 

高倍率ズームはディストーションに関しては

後補正が前提になってくる部分もありますが

 

想像していたよりも良いレンズと言うか

十分に仕事で使っていけるレンズだなと感じました。 

 

それではまた

 

 

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応
ニコン (2010-09-22)
売り上げランキング: 40,714