LUMIX GX7 + Nikonストロボ(SB900)で発光テスト。


f:id:nogo_studio:20170130221855j:plain

LUMIX GX7 + Nikonストロボ(SB900)で発光テストを行いました。

随分と不格好ではありますが

 

写真の通り

 

LUMIX GX7 に Nikon SB900 と言うストロボをつけております。

まず他社製なのに付くの?と思った方も居ると思いますが付きます。

 

シューマウント形状がSONY以外は

互換があるので一応は付くんですね。

 

SONYは独自の形状なので下記の様な

ホットシュー変換アダプターが必要になります。

ここで一応は付くと書いたのは

物理的には装着出来ると言う意味です。

 

と言うのも

 

シューマウントの物理的形状は同じでも

電子接点の形状がメーカーごとに異なるので

 

TTLオートでの発光は出来ないのと

壊れる可能がないとは言えない。

(多分TTLで発光しようとするとフル発光になります)

 

ただストロボを発光させるだけの

シンクロ接点は互換性があるはずだから

マニュアル発光だったら問題ないのではないのか?

 

と言うか問題ないはずだから

試してみようと思いやってみました。

 

LUMIX GX7 / SB900 発光テスト

ISO400 , F5.6 , SS 1/60 , WB4550K(全カット共通)

 

f:id:nogo_studio:20170130225339j:plain1/128

 

f:id:nogo_studio:20170130225417j:plain

1/64

 

f:id:nogo_studio:20170130225436j:plain

1/32

 

f:id:nogo_studio:20170130225804j:plain

1/16

 

f:id:nogo_studio:20170130225815j:plain

1/8

 

f:id:nogo_studio:20170130225825j:plain

1/4

 

f:id:nogo_studio:20170130225836j:plain

1/2

 

f:id:nogo_studio:20170130225855j:plain

1/1(フル発光)

 (注 :電子シャッターでは発光しませんのでご注意ください)

 

ご覧の通り、マニュアル発光でしたら

しっかりと発光もしてますし、調光も問題ありませんね。

 

何でわざわざこんなことをしたかと言いますと

blog.nogo-artwork-studio.com

 

この記事の通り、春からFUJIFILMを導入予定でいます。

そして「X-T20は買うしかない」と言っておきながら

 

気が変わってX-T2を先に買います(笑) 

T20はその後ですね。

 

どちらにせよ

そこで少しネックだったのがストロボなんですね。

 

ニッシンデジタル i40 富士フィルム用 【正規品】
ニッシンジャパン株式会社
売り上げランキング: 57,496
FUJIFILM クリップオンフラッシュ EF-X500
富士フイルム (2016-11-17)
売り上げランキング: 51,977
Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 ボディ ブラック DMC-GX7MK2-K
パナソニック (2016-05-18)
売り上げランキング: 128,533
Nikon フラッシュ スピードライト SB-5000
ニコン (2016-03-26)
売り上げランキング: 35,476