LEDライトで物撮りは悪くないと思う!


f:id:nogo_studio:20150226231220j:plain

 

僕の個人的な主観ではありますが

LEDで物撮りは悪くないと思うワケでありますね。

 

被写体がライターなので

アレですが(笑)

 

この程度のものなら

LEDライトを2つ用意すれば

 

きっと誰でも撮れます。

 

ライティングは至ってシンプルで

 

下から一灯あてて

 

左斜め後ろからもう一灯あてます。

 

以上!!!(笑)

 

ただ物を置く台は

 

アクリル板やガラス板等

 

光が透過するやつをご用意してください。

 

この写真は下からの光を強くし

少し陰影をつけていますが

 

フラット気味に撮るとこんな感じです。

 

f:id:nogo_studio:20150226231916j:plain

 

個人的趣味で言えば

 

1枚目の様に陰影が付いてる方が好きですが

 

商品撮影では2枚目の様に

フラットで撮ったものの方が好まれます。

 

まぁ商品なので当たり前ですが(笑)

 

ストロボ(瞬間光)でやっても

LEDの様な(定常光)でやっても良いのですが

 

経験的に定常光で撮ってる方が

先方がイメージしやすいのか

 

好まれる傾向にあります。

 

僕は元々LEDライトを一眼ムービー用に

購入して使っていたのですが

 

「これ物でも全然使えんじゃね?」

 

と思い、ほとんどコレでやっております。

 

たまに、LEDとストロボを混ぜて使う時もありますが

 

この場合、若干色が違うので

 

薄めのアンバーフィルター入れたり

ケルビンで調整したりと

 

それはそれで案外楽しいものですよ。

 

あとポートレイトなどを撮る場合

 

ストロボの代わりに

LED(アンバーフィルターはマスト)

 

を弱めにあてて

 

撮ってあげると

 

肌がとても活きてきますのでオススメです。

 

フード系は

 

バックからLEDライトを当て

手前を白レフで起こす

 

みたいは撮り方をすると

イイ感じになります。

 

ってな感じで今日は

 

何だかカメラマンらしい

ブログとなりました(笑)

 

それでわまたっ

  

カメラ用 LED ライト ビデオカメラ 一眼レフ 撮影 照明 撮影用ライト 暗所撮影 LED160灯カメラ用ライト 明るさ調整 3枚のディフューザー フィルター付属 ストロボ アクセサリーシュー取り付け可能