FUJINON XF 60mm F2.4 R macro Review


f:id:nogo_studio:20170821223331j:plain

FUJINON XF 60mm F2.4 R macro Review

フジノンの60mmマクロを購入しましたので

簡単なレビューをしたいと思います。

 

f:id:nogo_studio:20170821223448j:plain

まずレンズ外観。

フードが金属製で大きいです。

 

これは嫌いな人も多いみたいですが

僕は好きです。

 

そしてフードが大きい理由はこれです。

f:id:nogo_studio:20170821223644j:plain

 

マクロ域の撮影時にレンズが繰り出るんですね。

 

f:id:nogo_studio:20170821223615j:plain

通常時はこれです。

 

f:id:nogo_studio:20170821224115j:plain

とりあえず腕時計を撮る。(トリミングはしておりません)

 

思い入れと言う程ではないんですが

何故かこの時計をしてると、撮影が上手くいくので

仕事用としてかれこれ4年くらい使っております。

 

気付けば傷だらけになっておりますね。

 

f:id:nogo_studio:20170821224353j:plain

最近、愛用しておりますエムピウのミニマム財布のロゴ。

(こちらもノートリミングです)

 

f:id:nogo_studio:20170821224519j:plain

 

f:id:nogo_studio:20170821224541j:plain

 

ハーフマクロで

(60mm マクロは等倍ではなくハーフマクロレンズ)

 

あれだけ小さいロゴがしっかり撮れるんですから

僕の使用用途では全然OKです。

 

 

あとこのお財布とても気に入ってるので

後日レビュー記事は別途書きます。

 

 

f:id:nogo_studio:20170821225352j:plain

次に最短距離でどれだけ撮れるかを見ていきたいと思います。

 

これはベースのヘッドなのですが

最短距離(26.7cm)でどこまで寄れるかと言うと

 

f:id:nogo_studio:20170821230116j:plain

ここまで寄れます。

(位置で言うと3弦です)

 

f:id:nogo_studio:20170821230313j:plain

距離感はこのくらいです。

 

定規等でしっかりと計測はしておりませんが

だいたいこれで26cmくらいの距離感でしょう。

 

使用してみるまでハーフマクロと言うのが

少し気がかりだったのですが

 

それは杞憂だったなと。

 

 

この60mmマクロですが

フルサイズ換算にすると

 

約90mmとなりますので

 

中望遠のポートレイトレンズとしても

めちゃめちゃ扱いやすいです。

 

タムロンの90マクロみたいなものですね。

  

TAMRON 単焦点マクロレンズ SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD ニコン用 フルサイズ対応 F017N【シフトブレ対応】
 
 
 
写りに関しては本当に文句はないと言うか
 
「おっいいね!」
 
と素直に思うことが多いのですが
いかんせんAFはあまり宜しくないです。
 
精度は良いのですが
スピードは非常に遅いです。
 
あとマクロ域と暗所ではかなり高い確率で迷って
迷子のまま着地出来ないことが多いので
 
MFで撮ることも多いレンズです。
 
ですがEVFだとMFって結構楽なのと
ピーキングが分かりやすいので
 
僕は普通に使ってます。
発売されてから少し年数が経っておりますので
来年発表予定の等倍80マクロが出て後あたりで
 
リニューアルとかあるのかないのか。
 
どちらにしても長く使っていくレンズになりそうです。
 
それではまた
 
FUJIFILM 単焦点中望遠マクロレンズ XF60mmF2.4 R Macro
富士フイルム (2012-02-18)
売り上げランキング: 83,501