読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリップオンストロボ用おすすめディフューザー

カメラ機材等

f:id:nogo_studio:20161130190905j:plain

クリップオンストロボ用おすすめディフューザー

 

先日、こちらのクリップオンストロボ用のディフューザーを

購入しました。

 

 

 

一言で言うなら

 

 

ROGUEフラッシュベンダーのパクリ に似ているが

もの凄い使える!

 

 

ROGUE フラッシュベンダー2 ソフトボックス L
ROGUE
売り上げランキング: 111,367

 

blog.nogo-artwork-studio.com

 

blog.nogo-artwork-studio.com

 

今までクリップオン用のものは

こちらの記事をはじめ沢山使ってきました。

(記事にしてない物のが多いですが...)

 

ボックスタイプやら

ただ白板タイプやら何やら。

 

多分10個以上使用してきたのですが

その中でこれが一番良いです。

 

と言うのも使用用途が広いのですね。

 

f:id:nogo_studio:20161130192203j:plain

こちらは通常使用の場合。

 

柔らかい面光源の光で撮ることが出来ます。

 

f:id:nogo_studio:20161130192349j:plain

ちなみに紗幕部分は着脱可能なので

 

f:id:nogo_studio:20161130192547j:plain

外すとこんな感じの白(板)レフになります。

 

天井が白の場合はこちらの使用でも良いのですが

僕はいつも紗幕ありで使用しています。

 

ちなみに

f:id:nogo_studio:20161130193045j:plain

この赤枠(蓋)部分は光をより拡散させるために

銀レフが貼ってあるので

 

紗幕なしでの使用時より

若干色味が青く感じるかもしれません。

(正確にはストロボ光がより拡散されてると言うことなのですが)

 

ですので

 

僕は薄いアンバーフィルターを

一枚かませて使うことが多いです。

 

f:id:nogo_studio:20161130193841j:plain

こちらは後ろになりますが

 

f:id:nogo_studio:20161130193901j:plain

この赤のところにワイヤーが入っているので

形を簡単にかえれるんですね。

 

f:id:nogo_studio:20161130194013j:plain

例えばこんな感じ。

紗幕なしで光をより前に行かせたい時などですね。

 

でもこれの一番の用途は

f:id:nogo_studio:20161130194211j:plain

この様なスヌート的な扱いではないでしょうか。

 

これが本当に使えるんです。

 

スヌートって何?って方は

 

スポットライトみたいなものだと

思っておいてください。

 

今度、スヌートに関しては

作例を作って記事にしますが

 

本当に凄い使えます。

 

blog.nogo-artwork-studio.com

 

何度も言いますが

凄い使えます(笑)

 

blog.nogo-artwork-studio.com

 

先日のこの記事でもそうですが

最近の中国製品は本当に進化しましたね。

 

今後も我が家には中国製の撮影機材が増えていきそうです(笑)

 

それではまたっ