FUJIFILM X-T20 レビュー 設定編


f:id:nogo_studio:20170619191959j:plain

FUJIFILM X-T20 レビュー 設定編

 

サブ機として購入したFUJIFILM X-T20 の設定編レビューになります。 

 

f:id:nogo_studio:20170619192225j:plain

まずQモードに入れてある項目ですが

 

一番上にNR(ノイズリダクション) / ISO(感度) を入れてあります。

 

ノイズリダクションは基本変更しませんので確認用となります。

ISO変更は後述しますが、こちらで変更することもあります。

 

2段目には左から

 

WB(ホワイトバランス) / DR(ダイナミックレンジ) / モニター明るさ / EVF明るさ

 

この4つを割り振ってます。

 

こちらの4つも、ほぼ確認用となってます。

 

WBはケルビンからAUTOにする時のみ使用してます。

 

3段目には左から

 

H Tone(ハイライト) / S Tone(シャドー) / Color (彩度) / Sharp (シャープ)

 

となります。

 

ここの数値は撮影によって変わります。

 

4段目には左から

ES / MS変更(シャッター変更) / 画像サイズ / 画質モード / フィルムシュミレーション

 

となります。

 

基本的にX-T2との2台体制で使用することが多いので

Qモードは同じ感じにしてます。

 

f:id:nogo_studio:20170619193619j:plain

ファンクション関係の設定ですが

まず AE-L 部分に撮影画像再生モードを入れてます。

 

当初X-T2も含め、十字キーの下に割り振っていたんですが

 

配置的にAE-Lボタンの方が押しやすいので変更しました。

 

AE-Lじたいはシャッター半押しで反映させてます。

 

f:id:nogo_studio:20170619194430j:plain

AF-L ボタンですが

こちらにはWB変更を割り振りました。

 

親指AFをする方は、こちらにAF-ONを設定すると思うのですが

X-T20 はボディサイズ的に親指AFより、前のシャッター半押しの方が

合わせやすいんですね。

 

あとこちらにWBを割り振ると、ファインダー覗いたまま

変更出来るので凄い便利です。

 

f:id:nogo_studio:20170619194754j:plain

SSダイヤルですが

 

こちらはワンプッシュでISO変更を割り振ってます。

 

先述のWB同様、ファインダーを覗いたまま変更出きる設定にしたかったので

ここに割り振りました。

 

実際、この設定で撮影をすると分かると思うのですが

 

シャッター速度変更、ISO変更、WB変更の全てが

右手の親指で出来るので、我ながら良い設定だなと思っています(笑)

 

そしてAE-Lボタンに画像再生を割り振ってますので

そのまま、撮影画像の確認も出来ます。

 

FUJIFILMのXシリーズはカスタマイズの自由度がかなり高いので

カメラマンによって全然違うカメラになりますし

 

そこも楽しさと魅力も一つかもしれませんね。

 

しっかり使い込んでいこうと思います。

 

それではまたっ 

 

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T20 レンズキットブラック X-T20LK-B
富士フイルム (2017-02-23)
売り上げランキング: 101,795