スヌートライティング。


f:id:nogo_studio:20161205224558j:plain

スヌートライティング。

 

と言うと大げさですが

前回の続きで書いておこうと思います。

 

 blog.nogo-artwork-studio.com

 

このROGUEフラッシュベンダーのパクリ  ではなくそっくりの

ストロボディフューザーですが

 

Andoer ポータブル 写真用 多機能 フラッシュディフューザー ソフトボックス リフレクター デジタル一眼レフストロボフラッシュ用 (2サイズ選択可能)【並行輸入品】

ディフューザーとしてだけではなく

スヌートとしても使用が出来ます。

 

f:id:nogo_studio:20161130194211j:plain

このスヌートの状態で撮った写真が

記事トップにもありますが

 

f:id:nogo_studio:20161205224558j:plain

こちらの写真と

 

f:id:nogo_studio:20161205231148j:plain

こちらになります。

 

これだけですと、分かりにくい部分もあるかと思うので

どんな感じで撮影したのかと言うと 

 

f:id:nogo_studio:20161205224626j:plain

こんなんです。
 
簡易スタンドに 
ラジオスレーブの受信機+クリップオンストロボ+スヌート。
 
ビックリするくらい簡単なセットです。
 
むしろセットなんて言っていいか
分からないくらいですが(笑)
 
ちなみに背景が黒になってるのは
後処理で黒にしたとか
 
撮影する時に黒のバック紙を使ったとかではなく
 
露出で調整してます。
 
Exif を記載すると分かると思うのですが
 
シャッター速度 1/1000
絞り F20
ISO 200
 
この露出で撮ってますので
普通に真っ暗になります。
(撮影時は室内の明かりを消すor暗くします)
 
そしてスヌートで光が欲しい所だけに当ててるので
カメラだけ浮き上がる感じの写真になるんですね。
 
ちなみにスヌートに限らずですが
 
今回のライティングは
 
ストロボ一灯での人物撮影(背景黒にしたい)とかで
そのまま応用出来ます。
 
結構簡単にドラマティックな写真が出来るので
オススメですよ。
 
それでは