読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半年間の充電期間をとってみて思ったこと。

Blog

f:id:nogo_studio:20160630204742j:plain

半年間の充電期間をとってみて思ったこと。

 

2016年も早いもので

下半期となりました。

 

上半期、全く仕事をしてないワケではありませんが

仕事のペースをかなり落として

 

カメラマンになってから初めての充電期間にあてました。

 

昨年末、実はカメラマン自体をもう辞めて良いかなって。

と言うより、もう辞めようと思ってました。

 

それは撮ってて、「嬉しいな、楽しいな、感謝だな」と言うより

 

先方さんや同業の人などに対して

自分でもビックリする程、文句しか出てこなくなってました。

 

「何でこんなことも分からないんだろう」

「何でこんな人たちと仕事しなきゃいけないんだろう」

「何でこの人たちは写真のことを理解出来ないんだろう」

 

その他にも数多くの「なんで?なんで?なんで?」が

頭の中をずーっとグルグルしてました。

 

しまいには

 

振り込まれた撮影料を見て

 

感謝するどころか

 

「あんだけやって、これ!?本当やってられん!!」

 

こんなことを呟いてしまう始末でした。

 

さすがにこの時は「あっやばい」と

ある意味シラフに戻れたと言うか

 

「他の仕事をするにしても

一回、充電期間も設けないとダメだな」

 

と思い、2016年の上半期は充電期間にあてさせて頂きました。

 

この上半期やっていたことと言えば

 

行きたかったセミナーに2回程参加。

英語の勉強。

本を読む。

断捨離。

一般職の求人を見る。

歯の治療。

映画行ったり、美術館行ったり、それ系。

もう一回求人を見る。

バンドでリハに入る。

友人やら知人やら人と会う。

さらに求人を見る(笑)

 

などなど。

 

あとは全く仕事をしないと言う風に出来れば良かったのですが

 

家賃の支払いやら諸々ありますので

気持ち的に無理のない仕事をしてました。

(僕にとってはブライダルと出張関係の仕事でした)

 

特に出張関係のものは体力的には疲れますが

気が動く分、とても救われたなと。

 

ブライダルは会社を変えたのもあり

新鮮さが増え、自然と楽しく出来ましたし

 

久々に他の人の写真に嫉妬が出来たのが

とても嬉しかったですね。

 

今後もこのジャンルは撮っていたいです。

 

そして半年程、ゆっくりと生活を送ってみて

素直に思ったのは

 

仕事をしたいってのと

 

カメラマンとして

まずは一流になろうってのでした。

 

そうじゃないと

次が始まらないなって。

 

全くの他業種に転職(就職)ってのも

考えたんですが

 

違うと言うか

 

写真の世界で一流になって

その派生で色んなことが無理なく出来ていく様になるほうが

 

自然の流れと言うか

何だかしっくりくるなって。

 

なので、先月の中旬と言うか

下旬から営業をしはじめました(笑)

 

ブックを買ってきて

家でプリントして

 

「あーでもない」「こーでもない」

 

と一人でうなりながらブックを作り

 

新規で営業に行った先で見てもらって

時にはダメだしもされ(笑)

 

何だか6年前のいきなりフリーでやりだした頃を

思い出しましたね(笑)

 

またここからです。

 

リスタートと言うか

リポジションと言いますか

 

縁が繋がって

大きい円になっていけるようにしたいですね。

 

あとはワークライフバランスと言いますか

 

しっかり休んで

しっかり仕事する。

 

そこだなって。

 

気持ちを新たに楽しんでやっていきます。

それでわまたっ

  

この半年この曲をよく聴いたなぁって。

 

あまりリアルタイムでハイスタって

僕は聴いてこなかった人間なんですが

 

難波さんの復活のこのアルバムは

好きで結構聴いてましたね。

 

いつか難波さんのライブとか撮りたい!