読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Winter just wasn't my season


f:id:nogo_studio:20160307125435j:plain

だんだんと春めいてまいりましたね。

 

3月と言う季節もあり

 

これから転勤、転職の方も多いと思います。

 

僕はフリーランスなので転職と言うのとは少し違いますが

クライアントさんとの関係と言うのは

 

時間の経過と共に変わっていく部分も多かったりもします。

 

慣れていた環境から

全く新しい環境へスイッチする時って

 

自分の中で若干の摩擦と言うか葛藤と言うか

 

「これで良かったのかな」など

 

色々と出てきますが

 

何と言いますか

 

常に「それがベストのタイミング」なんだなって最近は思ってます。

 

例えば、この前まで4人でバンドをやっておりましたが

先月からは3人となりました。

 

どっちが良い悪いと言うより

 

「それがベストのタイミング」なんです。

 

f:id:nogo_studio:20160307165241p:plain

スヌーピー良いこと言っておりますよね。

 

You play with the cards you're dealt

 

少しポジティブなニュアンスにすると

"配られたカードに文句言ってても何も始まらないぜ"

 

って感じでしょうか。

 

以前のブログに少し書いたかもですが

僕はこの春からブライダル撮影の場所(会社)をかえました。

 

正直、とてもお世話になっていたし

迷いも多かったんですが

 

これもベストなタイミングだったんだなって思っています。

 

ブライダル撮影は好きですが

若干の飽きもありました。

 

若干と言ったらアレですが

大分飽きていました(笑)

 

もう辞めていいなとも思っていた時期もありましたし。

 

でも、場所を変えたら

 

「あっ自分まだまだだな」って。

 

と言うよりこの2,3年、同じことを繰り返していただけで

何も成長してないじゃんって猛反省でした。

 

まだまだって思えるってことは

 

「まだまだココから上手くなれる」

 

ってとても嬉しくなったんですよね。

 

あと素直に他人の写真を見て嫉妬出来たのが

嬉しかったんです。

 

人にもよりますが

 

技術職の人間って

 

自分の技術を限界まで高められる場所に

身を置きたいものなんじゃないかなって思います。

 

そして同じ志しを持っていて

それを理解してくれるところ。

 

そこにベストなパフォーマンスを提供したい。

去年、先週、昨日の自分に負けてたら悔しいですからね。

 

お金は大事な問題ですが

僕にとってはお金以上に大事な部分だったようです。

 

これからも色々とあるでしょうが

 

ただただ消費されるだけの仕事じゃなくて

先に笑顔がある仕事。それに繋がる仕事。

 

欲を言えば撮影以外でもそうゆう仕事をしたいですしね。

 

今年はそのあたりに意識を向けていこうと思います。

 

それでわまたっ

 

※ 本日のブログタイトル / Anna Nalick - Breath (2am) ※