才能の原型発見チェックシートをやってみた!


f:id:nogo_studio:20160302094507p:plain

作家の本田健さんの才能の原型発見チェックシートをやってみました!

 

今後のことを考え、自分が意識してない部分が見えたらと

思いやってみたのですが

 

おぉなるほど!と言うものや

マジか!?と言うものや

 

色々出てきて、とても面白かったです。

 

折角ですので、結果を発表しようと思います。

(ご興味ない方はすいません!) 

 

才能の原型1位〜3位

f:id:nogo_studio:20160302095606p:plain

f:id:nogo_studio:20160302095625p:plain

f:id:nogo_studio:20160302095653p:plain

1位 職人

2位 アーティスト

3位 クリエイター

 

と出ました。

 

カメラマンって職業を考えると

 

まぁ妥当な?結果なのかもしれません。

 

実際、カメラマンって職人気質の(ある意味オタクな)人間が多いです。

 

才能の原型4位〜7位

f:id:nogo_studio:20160302100155p:plain

f:id:nogo_studio:20160302100206p:plain

f:id:nogo_studio:20160302100216p:plain

f:id:nogo_studio:20160302100223p:plain

4位 癒す人

5位 教育者 メンター

6位 詐欺師

7位 革命家

 

となりました。

 

まず6位の詐欺師。

 

傷つきます(笑)

 

ただこれって逆手にとって

他のものとの組み合わせが上手くいけば最強じゃないかと思いました(笑)

 

役者さんなどは良い意味で詐欺師なワケで

タレント業の方は、多少なりともこうゆう素養があるのでしょう。

 

4位 癒す人

 

自覚は全くありませんが

結果として出てるなら、多少そうゆう素養があるのでしょう。

 

5位 教育者 メンター

 

これは何となく分かります。

 

カメラマンになってから

そうゆう機会はありませんが

 

前職でも前々職でも

 

気付くと教育係とか指導する側になってることが多かったなと。

(全く望んでないのに)

 

ただこのチャートの上位3つが

占めてる割合が自分の中で多いのか

(説明するのがメンドクサイのも大いにありますが)

 

「アレがそうじゃん?だからコレをピっとしてパっとすればOK!」

 

など理論と言うより感覚が優先しがちなので

 

感覚論で言われても分からない!

 

と良くいわれていました。

今思うと反省ですね(笑)

 

7位 革命家

 

現行の体制、システム、慣例などに不満を持ち…って人ですね。

非常に分かります。

 

この世で権威的なものが一番嫌いですし

まずそうゆうとこから壊したくなります。

 

一歩間違えると、ただの暴力的なエネルギーにしか

ならなくなってしまいそうですが

 

その後、創造出来る人と仕事を出来ると良いんでしょうね。

 

原型が分かったけど、どーするの?

どーしましょうか?(笑)

 

まず思うのが

 

1位〜3位は自分の強みなので

ここは今まで以上に伸ばすところだなと。

 

なので今のカメラマンと言う仕事は

ある意味で適正なのでしょう。

 

そして4位〜7位の素質を

 

上位3つに掛け算なのだなと。

 

「この仕事はコレ」って言う決まりきった価値観を壊したり

 

「この撮影はこんな感じだよねー」

って言う何の役にも立たない考えを壊して

(革命家的な部分)

 

それを実践し伝えていき

教えていく?

(教育者 メンター的な部分)

 

そしてそれをどう見せるか。

(詐欺師的部分)

 

癒す人って部分はちょっと思いつかないので

飛ばしますが

 

こうゆう掛け算が上手くいくと

それがパーソナルブランドにもなるのかなとも思いました。

 

と言うより

 

僕の場合、上位3つのそれだけでは

全く食えないものばかりなんですよね(笑)

 

職人、アーティスト、クリエイターって。

 

これ字面だけ見れば

体良く聞こえるかもしれませんが

 

表現を変えれば

全て、ただの内気なオタクですからね。

 

だから周りにキャッシュポイントをしっかり

作る必要がある。

 

そのために4位〜7位の部分が必要なのだなと

このチャートを見て思いました。

 

この才能の原型発見チェックシートは

有料ですが気になる方はやってみることをおすすめします。

www.aiueoffice.com

 

多分、やる時期によっても変わってくるのか

全部で5回出来るので、数カ月後にまたやってみようと思います。

 

それでわまたっ