読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOKO ONO / FROM MY WINDOW


f:id:nogo_studio:20160126175524j:plain

「オノヨーコ / 私の窓から」を見に行ってきました。

 

f:id:nogo_studio:20160126175509j:plain

東京都現代美術館。

 

何だか素敵な建物でした。

 

さてさてオノヨーコ展ですが

 

僕は正直、オノヨーコが苦手でした。

 

前衛的な所はとても好きなのですが

何故か凄い苦手だったんですね。

 

でも今回とても行きたくなったんです。

 

オノヨーコ=ジョンレノンと言ったら

多少の語弊があるかもしれませんが

 

有名な SEASONS OF GLASS の展示がありました。

(本物ではなくプリントです)

 

ジョンが最後にしていた血まみれの眼鏡です。

 

展示のタイトルにWINDOWって付いていたので

あれば見たいなって思っていたんです。

 

思想や理念の違いはあれど

 

「平和」と言うのは誰しもが望むもので

それは人の本質でもあるんだなと思います。

 

表現は伝えるための手段であって

自己満足だけの世界ではない。

 

いくつかのセクションに分かれていますが

全体を通して、そうゆうことを教えられたような気がします。

 

あまりこうゆうものについて書いても

何だかチープなものになると言うか

 

自分の目で見て、その場で感じるのが一番だと思うので

気になる方は行ってみてください。(2月14日までです)

 

www.mot-art-museum.jp

 

あとこちらは常設展の方にあるインスタレーションですが

とても面白かったです。

f:id:nogo_studio:20160126182842j:plain

三名のアーティストがノイズ/即興/アンサンブルを

テーマに作成されたもので

 

10分おきくらいに色んな音が鳴っていました。

 

こうゆう異空間はやっぱり面白いですね。

 

展示の方は戦後美術がこの時期のテーマだったようで

1950-60年代の作品を見ることが出来ました。

 

中々普段触れることが出来ないので

ありがたい時間ですね。

 

美術館って来る度に思うのですが

 

何故ニューヨークの様に全て写真撮影OKの空間にしないのだろうと

不思議に思います。

 

作品保護の観点からとか色んな理由があるのでしょうが

芸術だなんだとそんな崇高なとこに置かず

 

もっと身近な、それこそポップアートの様な位置付けの方が

親しみやすいものになるのにって思うんですよね。

 

とは言えきっとこのままだと思いますが(笑)

 

またしばらくしたら行ってみようと思います。

 

それでわまたっ