一生モノの意味。


f:id:nogo_studio:20151215190640j:plain

皆さん一生モノの"何か"って持ってますか?

 

このブログを読んでくださってる方は

ご存知かと思いますが

 

僕は今、モノを捨てまくってます。

 

ホント何かに取り憑かれたかの様に

捨ててるワケですが

 

そんな僕でも捨てられない

(捨てるつもりはない)

 

ものがありまして

 

それがこの時計です。

 

これは10年前。

 

つまり20歳の時に両親から

 

「おめでとう」と渡された腕時計です。

 

当時は「特別嬉しくもないけど、まぁくれるなら貰っておくよ」

 

程度の気持ちだったんですが(今思うとホント薄情。。。)

 

気付けば、これが僕が今所有してるもので

最も長い間所有している物となっています。

 

この10年、引越しだけで

多分5,6回以上はしてて

 

その度に捨てて捨てて

 

今の家に越す時もかなり捨てて

 

そして越してからも

ガンガン捨ててるんですが

 

これはずーっと手元にあるんです。

 

「使わないもの。持ってワクワクしないものは捨てる」

 

これが僕の中の断捨離の基準なのですが

 

この時計は確かに使わないけども

手に持つと温かい気持ちになるんです。

 

だからこれは絶対捨てないですし

 

きっとこうゆうものが

一生モノになっていくんだなって思います。

 

そして次に今あるもので長い期間所有してるものが

 

祖父の形見の35mmフィルムカメラです。

 

f:id:nogo_studio:20151215192752j:plain

 

これも全く使えません。

 

ファインダー内もレンズもカビてるし

絞りも固まってしまってます。

 

祖父は写真が好きだったのですが

父の話しでは撮るのはあまり上手くなかったそうです。

 

でもマミヤのこの35mmはずっと大事に持ってたみたいで

亡くなった時に、何故か僕が貰ったんですね。

 

当時は写真とかやってませんでしたし

(むしろ大嫌いだった)

 

父親に「カメラマンなんだからそっちが貰えば?」

 

と言ったら「お前が持ってる方がきっと喜ぶから」と。

 

そうかって

 

僕が貰ったワケですが

 

これが今、僕のお守り的なものになってます。

(気持ちのうえで)

 

祖父は、僕のことをメッチャ可愛がってくれてたので

それこそ、おもちゃや何やかんやと

 

沢山の物を(思い出も)与えてくれたんですが

 

今、物質として残ってるのは

 

このカメラだけなんですね。

 

両親にもらった時計も

このマミヤのカメラも

 

さほど高価なものじゃないけど

 

一生モノってのは金銭で測れるものではいし

その人の気持ちなんだなと思います。

 

ずっと時間が止まったままと言うのも

何だかあれなので

 

近い内に電池交換して

また時を刻んでもらおうと思います。

 

それでわまたっ