読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全てをデジタイズしたい。


f:id:nogo_studio:20151207203742j:plain

ココにあるもの全てデジタイズしたい。

 

断捨離をしだして数ヶ月。

 

大体使ってないものは無くなってきました。

 

本も以前は本棚ビッチリだったんですが

減らしてこのくらいになりました。

 

一番下段は写真集関係とかなので

それは処分しませんが

 

活字関係は今後、全処分する予定です。

 

今、現在やっている断捨離作業としては

 

1.DVDを全てデータ化

2.CDもデータ化

3.契約書/書類等はスキャンしてPDF管理に移行

 

来年以降、やっていきたい断捨離作業としては

 

1.お金は持ち歩かず、全てをクレジット決算に移行。

2.本は買うが、10冊以上たまったら一旦デジタイズする。

3.DVD/CDは余程のことがない限り買わない。買ってもデジタイズしたら処分する。

 

などでしょうか。

 

ちなみに本に関してですが

kindle版の購入に切り替えようと考えていたんですが

 

電子書籍と言うのは

 

読む権利を購入するだけで

データをダウンロードして所有するワケではないんですよね。

 

ですので

 

電子書籍の販売元が

データ配信をやめますと言ったら

 

その購入した権利は意味なくなってしまうワケです。

(あまりそうなるとは考えにくいですが)

 

まぁでも僕は読む権利だけを購入するってのが

何かイヤなので

 

本は普通に買って、自炊ではなく

下記の様なサービスを使って、今後デジタイズしていこうと思ってます。

 

www.miraibook.com

 

自炊の方がお金はかかりませんが

正直メンドクサイですからね(笑)

 

あと、本屋さんって世の中にあって欲しいんですよね。

 

断捨離/ミニマリストの利点みたいのは

わざわざこのブログでは書きませんが

 

こうやって捨てまくっているのは

正直、その効果を感じることが多いからなんです。

 

一番捨てて良かったって感じてるのは

 

blog.nogo-artwork-studio.com

facebookとtwitterなワケですが

 

情報ノイズ / 視覚ノイズ が減ると

思考が凄い楽になります。

 

そして、これは今後書く予定でありますが

仕事に対する価値観がガラっと変わってきました。

 

良い悪いと言うより

 

何だか自然な流れの様な気がしています。

 

8:2の法則ではありませんが

 

8割は無駄なんです。

 

仕事(数字)は顕著に表れると思いますが

 

売り上げの8割を作ってるのは

2割の取引先です。

 

10人チームの管理者はわかりやすいと思いますが

 

エース級の売り上げを出してくれてるのは

きっと2人〜3人だと思います。

 

残りの7,8人が無駄だとは言いませんが

そうゆうもんなんですよね。

 

フリーランスの人は

 

年間の数字と取引先を照らし合わせると

ハッとすると思います。

 

無駄な8割を切り捨てて

超合理的に生きたら楽しいかと言われると

 

またそれは別問題であって

 

楽しさは無駄の8割の方に多くあると思います。

 

例えば、友達と飲んでる時間などは

全くお金になりませんし

 

それこそ数字ベースで見れば

完全無駄だと思いますが

 

でもそうゆう時間って楽しいですからね。

 

"人"とか"気持ち"とかまでは

断捨離するつもりはありませんが

(執着する心は手放した上で)

 

物質に関してはデジタイズして

身軽にしておきたいものです。

 

以前も貼りましたが

この動画は本当好きで今も良くみてます。

 

 

最後の "ですから、幸せのためにスペースを空けましょう"

本当ここはメッチャ共感します。

 

それでわまたっ