読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どれを切り取って 人間らしさって 呼べるか分からないけど


f:id:nogo_studio:20150813222124j:plain

 

先日はポートレイトの撮影でした。

 

 

f:id:nogo_studio:20150813222203j:plain

 

この2枚の写真はオフショット的なものになりますが

 

僕はポーズ付けて目線くださーい

 

って写真より、こうゆう方が好きだなって思います。

 

(もちろんそうゆう写真も撮りますよ!)

 

スナップやイベントやらは沢山撮ってますが

 

案外ポートレイトって久々に撮った気がしました。

 

どれを切り取って 人間らしさって 呼べるか分からないけど

 

これは高橋優さんの福笑いって

曲の歌詞の一部ですが

 

数年前、年越しのイベント撮影の帰りに

運転中の車のラジオから流れてきて

 

何か物凄い感動したと言うか

ぶっちゃけ、ちょっとウルッとしたんですね(笑)

 

僕は物より人物撮影の方が圧倒的に多いワケですが

 

そもそも「その人らしさ」とか「人間らしさ」

って一体なんだろう??

 

と悶々としていたんです。

 

正直、今も明確な答えは分かりませんが

 

こっちが笑ってないと

被写体は絶対笑わないし

 

こっちが楽しんでないと

被写体はリラックス出来ない。

 

写真に撮影者は絶対写りませんが

ある意味、鏡なんだなと思う様になりましたし

 

僕が楽しんでないと

良い写真を残す事が出来ないって事だけは

 

この数年で分かる様になりました。

 

で、それからシワとかって後処理で

全然消さなくなったと言うか

 

普通の時でも

笑った時のものでも

 

シワってその人自身でもある(その人の歴史)

と思うようになってきたせいか

 

あまり消したくなくなったんですね。

(手を抜いていると言うワケではないですよ)

 

前にも書いたかもしれませんが

 

言葉で上手なコミュニケーションがとれる人間は

わざわざ写真なんて持ち出して

 

人間なんて撮らないと思う。

 

人間が嫌いなワケでも興味がないワケでもない。

 

ただ言葉より写真の方が

己にとって自然だから。

 

それだけなんだなって。

 

何だか仕事ではなくプライベートで

ポートレイト撮っていきたいなぁと思う今日この頃です。

 

それでわまたっ

 

※ 本日のブログタイトル ※

高橋優 / 福笑い