読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

So take the photographs and still frames in your mind


f:id:nogo_studio:20150630225608j:plain

So take the photographs and still frames in your mind

 

と言うワケで先日は

プライベートでやってる November 5th ってバンドでスタジオでした。

 

いやはや

 

実に数ヶ月振りです。

 

4月,5月,6月と僕が出張続きでしたし

メンバーも忙しかったのでダメでしたね。

 

理想は週1と言うか(多分無理!)

月1回はこうやってやりたいんです。

 

ってのも

 

仕事ばかりしてるとダメになるから。

 

いや、好きな事を仕事にしておいて

こうゆうのもアレなんですが

 

仕事ばかりしてると

発想が知らない内に凝り固まっていって

 

ダメなんです。

 

僕は人を撮ることが多いので

尚更思うのですが

 

インタビュー系の撮影で

 

一般の方でも、著名な方でも

 

「あっこの人、人生上手く行ってんなぁ」

 

と感じる方達は

 

「そんな時間どこにあんの?」

 

って思うくらい仕事が忙しそうなのに

スゲー趣味を楽しんでる。

 

そして、その時間術と心の余裕があるから

仕事の時は仕事に100%力を注げる。

 

仕事もプライベートも

楽しいことをやってる人達は

 

やっぱエネルギッシュで

人生楽しんでますよね。

 

先日のブログで

 

ここが一つのゴールと言う事を

書いたと思うんですが

 

人生のノリを変える

 

それは質を変える事なんだなと。

 

技術やノウハウ的はものではなく

 

人生の質を変えていく。

 

そのためには、まず制限をはずすことかなと。

 

「○○だからこうだよね」

 

知らないうちに出来ている観念や

 

「世の中こうだから」ってゆう

 

常識的なものは自分の人生から

どんどん捨てていきたいものです。

 

何かをやる時、出来ない理由って

人間はすぐ頭に浮かぶんです。

 

防衛本能が働くから。

 

でもそれに従うか

 

それとも「本当にそうなの?」って疑うかは

 

自分の意思で出来る。

 

まだまだ楽しいことはこれから。

 

それでわまたっ

 

※ 本日のブログタイトル ※

Green Day / Good Riddance (Time of your life)

 

大学を辞めた時とアシスタントを辞めた時に

良く聴いていたなぁと。

 

今、思えばどちらも大変な時期でした。

 

「何とかしないと!」

 

って思っていたからか

 

不思議とそうゆう時期の記憶って

それ以外の事がポッカリ抜けてる感じもするんです。

 

どちらもターニングポイントと言えば

そうなのですが

 

その周辺にあったものって何だったけなぁと

 

まっ思い出す必要がないから

思い出せないのかもしれませんね。

 

でわ