読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

響くは遠く 遥か彼方へ


f:id:nogo_studio:20150627215245j:plain

この写真は良い写真じゃない。

 

何故なら構図が悪いから。

だから見てて少し気持ち悪い。

 

でも不思議と「好きだな」と思う。

以前の自分だったら無い感覚だろうな。

 

少しばかりドイツの事を振り返ろうかと。

 

blog.nogo-artwork-studio.com

 

こちらの記事にも書きましたが

今回のドイツ出張は僕にとってリベンジでしたし

 

満足した結果が出せたものでした。

 

そして滞在中に漠然と感じていて

帰国してから更に思ったのが

 

ここが五年間のゴールなんだなってこと。

 

先日、ある人と話していて言われた事ですが

 

「ナガサカさんは、この五年間突っ走ってきたんですね」 

 

そうかと。

 

突っ走ったと言うより

感覚的には夢中だっただけ。

 

でも確かに突っ走ったんだろう。

 

犠牲にした(結果としてなってしまった)ものも

多いですが

 

今、手元にあるものも無いものも

それがベストと言うか

 

そうゆう風に感じるんですね。

 

必要なら手元に来るし

不必要なら、それは来ない。

 

何故なら今、僕は幸せだなと感じることが多いから。

 

ゴールだなと思った瞬間から

 

「じゃあ次のゴールってどこだろ?」

 

と、ふと思ったのですが

 

正直な話、全然見えてません。

 

と言うより

 

五年前の僕では五年後の

今の自分を想像出来てませんでした。

 

だから今から五年後の自分は

多分、今の僕では分からないんです。

 

でも一つだけ確信してる事があって

 

それは今よりも幸せになってるってことです。

 

五年前、僕は自分の人生を信頼していたかと言うと

正直な話し半々で

 

どこかマイルドな絶望もありました。

 

でも、写真が仕事になり

これでご飯を食べていけるようになって

 

自分の人生を少しづつ信頼していける様になった

部分があります。

 

何かに期待、希望を持つと(持ってしまうものですが…)

失望はセットでやって来ます。

 

そしてそれに執着してしまうと絶望になる。

 

以前の僕はこれでした。

 

でも、何が来ても良い。

自分で自分の事を信頼出来れば

 

自分にとって都合の良い善悪の判断ではなく

物事は中立でしかないって事がなんとなく分かってくる。

 

お金もそうですが

そこに色(感情)をつけるのは人です。

 

色をつけるなと言う話しではなく

どうゆう色をつけたいか。

 

どうゆうフィルターを通して世界を見たいか。

 

そうゆう事なんじゃないかと思います。

 

カメラマンとして

生きれる事、生活が出来る事。

 

それはとても幸せで有り難い事です。

 

でもこのままの生活を繰り返していても

人生のノリは変わらない。

 

他に凄いやりたい事があるワケではないんですが

ノリを変えていきたいと言うのが本音としてあるんだと思います。

 

今、プライベートで November 5th ってバンドと

ekakive.com って言うものをやってますが

(ekakive.com に関してはバンドなのか何だか良くワカリマセンが 笑 )

 

どちらもこれからレコーディングとなります。

 

今更、音源なんか作って何をするのか?

しかもただの無名アマチュアバンドが。

 

答えは「さぁ?」です。

 

でも0が1になるって大きいんです。

 

きっと今は分からない事ばかりでも

点と点が繋がる時って絶対来るし

 

0が1になって

それが2になったら

 

かけ算が出来るかもしれない。

 

そうゆう時、どうゆう風に展開していくんだろうって。

 

もしかしたらツールは変わっていくかもしれませんが

仕事 / ライフワーク= 自己実現 or 表現って捉えた時

 

今の自分では想像出来ないものが

またそこにあったら嬉しいなって思うんです。

 

点と点を繋げて線にしていきたいと

言うより円にしていきたいし

 

そこからの縁も見ていきたいなって。

 

とまぁ何だか長くなりましたが

最近はそんなこと考えてますってブログでした。

 

それでわまたっ 

 

※ 本日のブログタイトル ※

MONGOL800 / 小さな恋のうた

 

モンパチを初めて聞いたのは

確か中3か高1くらいだったと思うのですが

 

その時は「あっCMの曲だ」くらいの感覚で

 

俗に言うハマったの大1の時だったと思います。

 

「青臭い曲」と言ってしまえば

それまでなんですが

 

この曲の歌詞を好きだなって思える感覚って

無くしたくないなって思います。

 

モンパチ。今でも好きです。