読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

People throw rocks at things that shine


f:id:nogo_studio:20150612040439j:plain

お仕事でドイツにおります。

 

とりあえず初めて見た

ベルリンの壁に感動です。

 

f:id:nogo_studio:20150612040644j:plain

ユダヤ。

 

これ関連の事は結構デリケートなものになりますが

勉強していくと、不謹慎な発言かもしれませんが

 

とても面白いなと感じます。

 

ナチスによる大量虐殺等、目を背けたくなる

時代背景等、色々ありますが

 

やっぱり僕はユダヤと言う民族に

非常に興味があります。

 

国家を持たない唯一の民族であり

 

世界経済と言うか

世界の全てを支配している民族。

 

僕はフリーランスだからか

場に頼らない生き方ってのは

 

非常に惹かれるし

 

彼らの思想から

学ぶ部分はとても多いのですね。

 

ユダヤの場合は迫害、侵略によって

奪われてしまったワケですが。

 

僕は日本と言う国はとても好きですし

外に出る機会が増える程

 

日本の素晴らしさも実感します。

 

あの国程、インフラが整ってる国もないし

色んな物を食べられる国もないです。

 

そして全体として治安が良すぎます。

 

財布を落としても基本、交番にあります。

(中身を盗るアホは居るかもしれませんが)

 

小便を流す水は、普通に飲める水です。

 

日本はとても住みやすく

良い国ですが

 

やっぱり村社会で

 

何かを受け入れると言う土壌が非常に低い。

 

それで守られてきた部分も多いですが

自分の周りの世間、世界を

 

日本に限定してしまうのは

非常に危険だなって思います。

 

ってか勿体ない。

 

こうゆう仕事の性か

 

常に思ってることがあって

 

お金、人、モノ、時間、場所、気持ち(精神)

 

において

 

他者または、その他雑多なものからの

制限を一切受けたくないって言うか

 

自分の意思で場に属するのは

良いと思うのですが

 

生活のためとか

誰かのためとか

家族が居るからとか

 

そうゆう

 

ある種の体の良い言葉で

自分を言いくるめてまで

 

生きていたくないんです。

 

誤解がない様に書いておきますが

 

僕は別に死にたいと言ってるワケではないし

仕事がしたくないと言ってるワケでもないですし

 

会社員になると言う事を

全否定してるワケではないんです。

 

実際、会社員でなければ出来ない事も

世の中には沢山ありますし

 

会社名と言うブランドを使った方が

会社の信頼で仕事が出来ますので

 

やりやすい面も非常に多いです。

 

だけど、僕はあまりそうゆう生活を

送りたくはないってだけです。

 

どこに居ようが

何をして居ようが

 

自分の意思でそこに居るなら良いんです。

 

だから思いっきり制限がない

人生を生きていきたい。

 

と言ってもフリーランスと言う職業は

 

ある種「名ばかり」で

仕事の性質はやっぱり下請けに近い部分も出てきます。

 

だから

まだまだ僕は制限だらけの人生です。

 

でも変えたいし

変えていきたい。

 

だから頑張りたいって思えるのかもしれません。

 

まぁ何だか長くなりましたが

無事に感謝で終われる様、頑張ってこようと思います。

 

それでわまたっ

 

 

※本日のブログタイトル※

 

Taylor Swift / Ours