つまり。


 

つまり。

 

アマオトってバンドさんの

 

「つまり」って曲が好きですが

 

今日はその話ではない。

でも良い曲だから是非聴いて。

 

 

最近、LITEってバンドを良く聴いているんです。

作業や本読んでる時のBGMにスゲー良いから。

 

ってか昔から LITE や te' や toe あたりは

良く聴いていたんです。

 

 

コレね。

 

で、まだ映像関係の会社で毎日カット編ばっかやってた頃

 

先輩から te' か LITE のライブチケットが余りそうなんだけど

どっちか行きたい?

 

と言われ

 

「マジっすか!ちょ今回はLITEで!」

 

とソッコーで返事をし

 

チケット代からドリンク代まで全て先輩持ちで(お金払いなさい!)

遊びに行ったんですが

 

カッコいいバンド!って事はそりゃそうで

 

当時、まだ編集をやって居た人間として

 

照明を全落としして

映像をメンバー(ステージ)にあてるって言う

 

演出がスゲーかっこよくて

 

ってかその映像がいちいちカッコ良くて

もうこんなん自分もやりたい!って思った。

 

確か香港かドッカのチームと組んでやって居たと思うのですが

(記憶があやふやでスイマセン)

 

もうスゲー良かった。

 

で、気付けばそれに近い事は

 

数年前のアマオトさんのワンマン時に

 

No.69 って曲でやらせてもらえた。

 

 

この時、照明落として、プロジェクターの映像を

スクリーンとステージに当ててたんですが

 

何だか良い感じに決まったなぁって。

 

今、この映像だけ見返すと

 

正直、手直ししたいトコが沢山あるんですが

まぁコレはコレで。

 

ほんで先日公開した

 

ekakive / MAIHIME ですが

 

 

意識せずとも、気付いたら早送り系で仕上がってる。

 

うん。

 

個人的にそうゆうのが好きと言うのもあるが

やっぱりLITEのライブで見た映像の印象が忘れられないんだと思う。

 

ギターのリフと映像のシンクロ感がとっても心地良かったから。

 

何が言いたいかと言うと

 

やりたいと思った事はやれって事です。

 

タイムラグはどうしても発生するけど

そのうち実現してるから。

 

僕はカメラマンになってから

わりかし充実した人生を送れる様になりましたが

 

心の何処かで

 

また ekakive(バンド) やりたいなぁって

気持ちもずっとありました。

 

今の ekakive と当時の ekakive は全然違うものですが

 

音楽をやっていても、こうやって映像を作っていても

はたまたZineにしても

 

それはツールと言うか選択肢の一つであって

 

極端な事言ってしまえば

 

その時、作りたいもの作って

やりたいものやれば良いんじゃない?

 

って思ってます。

 

仕事は仕事でとっても大事ですが

もう少し、そうゆう商業的なものとは違うもので

 

こうやって何かを作って生活していく

時間を増やしていきたいなぁって思ってます。

 

そして、そっちの方で利益が生み出せる様になっていった時

やっと自分の中のライフスタイル(ライフワーク)と言うか

 

撮影する→対価として撮影料もらう。

 

って言う、いわゆる労働的な金銭の図式から

少し開放されていくんだろうなって思います。

 

と言うかそうなっていきたんですね。

 

でもこれも時間差はあるけど

その内そうなってんだろうなって思ってる部分もあって。

 

不思議なんですけど、そう思ってるんです。

 

とりあえず、一本しっかりとした映像作品を

今後作りたいですね。

 

何だかまずはそこからだなぁって思います。

 

まぁ今回も長くなりましたのでここら辺で。

 

それでわまたっ