見失ったものが多い気がした。


f:id:nogo_studio:20150415222640j:plain

f:id:nogo_studio:20150415222655j:plain

f:id:nogo_studio:20150415222704j:plain

f:id:nogo_studio:20150415222717j:plain

f:id:nogo_studio:20150415222726j:plain

f:id:nogo_studio:20150415222740j:plain

写真をパパパッとアップ致しましたが

今、お仕事で台湾に来ております。

 

こっちに来る前、自分の住んでるとこら辺は

ホント天気が悪く

 

気分が鬱蒼としていたのですが

 

台湾はメッチャ晴れていて

とても助かりました。

 

日中は30度近くまで上がるので

初夏の陽気ですね。

 

まぁ雨が多い国なので

出来ればこのままもって欲しいものです。

 

さてさて何と言うか

 

ブログタイトルの

 

「見失ったものが多い気がした」

 

ですが

 

これは最近、好きで聴いてる

OLDCODEX の WALK の一説より

 

拝借しましたが

 

こちらに来て思ったのが

まずそれでした。

 

意識を向けなければ

 

時間の流れと共に色んな物事が

ただただ流れていってしまう。

 

もちろん、その経過の中で

癒えていくものもあると思うけど

 

僕らは、あまりにも色んなものを

ただただ垂れ流しにしてしまい

 

真剣に向き合うべきものとも

しっかり向き合えずにいたりもする。

 

写真は変えようのない横軸の世界を

無条件に縦軸にぶった切れるもの。

 

もちろん長い目で見れば

それすら横軸の一部なのかもしれなけど。

 

僕が写真をやっていて

 

唯一、信じてる事は

きっとコレなんだと思います。

 

飽き性の自分が

5,6年も撮れてる理由の一つです。

 

以前にも書きましたが

 

「真実を写す」みたいな

 

価値観は持ち合わせていないんです。

 

僕にとって写真はそうゆうものじゃない。

  

見過ごしてるものと

見失ってるもの

 

そのどちらも僕は多いと思うから

 

せめて自分が関わってる仕事の

写真だけはそうならない様にしたいですね。

 

そんな感じで頑張ってこようと思います。

 

それでわまたっ

 

※ 本日のブログタイトル ※

 

OLDCODEX / WALK