あれからの4年の月日。


f:id:nogo_studio:20150312172519j:plain

先日、3.11関連の取材で郡山(福島)に

行っておりました。

 

早いもので4年の月日が流れています。

 

当日、福島は雪が降っており

 

現地の方に話を伺った時

 

「まるで4年前の時の様。あの時も雪が降っていたから」

 

と多くの方がおっしゃっていました。

 

今回、原発付近までは

 

行ってないのでアレですが

 

福島は震災で被害を受けた町ではなく

人災(放射能)で被害を受けた(てる)町。

 

ただ放射能は目には見えませんし

 

僕自身、「被災地に居る」と言う感覚が

 

失礼かもしれませんが

 

湧かなかった部分もあります。

 

街並は至って普通で

 

ここが「埼玉だよ」とか「千葉だよ」とか

 

そうゆう風に言われれば

 

「そうなんだ」と受け入れてしまうような

感じでした。

 

郡山と言う町の放射能レベルは

 

僕にはワカリマセンが

 

「ここでの生活があるから

他県に移るとかそうゆうのはね」

 

と、おっしゃる方も多く

 

各々のコミュニティーがそこで

出来ているから

 

支え合える部分もあるけど

移動出来ないものもある。

 

確かに僕らの世代は

 

ある種もうダメな世代かもしれませんが

 

現地に居る子供とかを見ると

 

今後どうゆう形で

 

放射能の影響が出てきてしまうのか?

と言う気持ちにもさせられます。

 

いつかは誰しもが子供を持ちたいと

思うものだと思いますが

 

自分が死んだ後、自分の子に

その影響が出てしまう可能性を考えると

 

結婚、出産、そうゆうものに

躊躇する気持ちを持つものとても理解出来ます。

(これは東京に住んでても同じだと思います)

 

まぁ本当に思うのは

 

オリンピックなんか誘致してる場合じゃないし

それで経済効果がとか言ってる場合じゃないです。

 

対外(外交)的な部分を見れば

 

原発や核の保有と言うのは

「すべき」とまでは言いませんが

 

「仕方の無い部分ではある」

とは思います。

 

ただ、それを稼働させる必要はない。

 

新たにダムを作る必要もないし

 

今、本当に行って欲しい政策は

原発問題の収束。

 

僕らは科学者ではないので

分かりませんが、チェルノブイルの事故から

 

学ばなければいけない事は沢山あるし

無視してはいけない事でもあります。

 

言葉上だけではない

 

一日も早い復興を。それをただただ願います。

 

それでわまたっ