ファインダー内が真っ黒(絞りエラー)はボディ側の原因だった!Nikon 70mm - 200mm F2.8 が退院。


 

AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G がまたまた入院。。。 - nogo : artwork studio

 2回目の修理記事。

 

からの!

 

Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G が三回目の入院。。。 - nogo : artwork studio

 

3回目の修理記事。

 

 

とまぁ、このレンズいかれてるっす!

 

短期間でこんなに壊れまくるのはオカシイ!

 

で出してた70-200が

 

先日、やっと退院してきました。

 

いやいや直って良かったと思いきや

お次は D800 が入院となってしまいました。

 

と言うのも修理期間中に代替で

 

借りてた70-200が撮影中に絞りが落ちたんですね。

 

「えー!マジかー!!!!!おいNikon !!マジ頼むよ!!!」

 

と思ったのですが

 

他のボディーに付けたら

 

普通に使える。

 

「アレ?おかしいなー?」

 

となり

 

今度は D800 に他のレンズをつけると

 

普通に撮れる。

 

でも70-200 をつけるとファインダー内が真っ黒。

 

「あっコレはレンズではなくボディーがオカシイのかも。。。

でも他のレンズでは大丈夫なのは不思議」

 

となり

 

窓口でアレがソレでコレなんで

 

D800 見てくれませんか?

 

ってかレンズ何度も無償で

直してもらったのに

 

原因がボディーだったら

 

マジでスイマセンなんですが。

 

と超恐縮ですモードで出したところ

 

「あれ?コレはアレか?うーん。

ちょっと奥で見てきます」

 

と言われ

 

待つこと数分。

 

 

 

 

 

 

 

結果。

 

 

 

 

 

 

「これボディーの絞りレバーが曲がってます」

 

との答え。

 

あぁNikonさんマジでスイマセンでした!

何度も無償でなおしてもらったのに

 

原因がレンズではなく

ボディだったなんて。。。

 

f:id:nogo_studio:20150306233721j:plain

※ 画像はD750です。

 

この画像の赤枠が絞りレバーなんですが

 

これが奥にドーンと曲がってたんですね。

 

てか何で他のレンズは大丈夫だったのだろう?

ホント謎です。

 

「ちなみにレンズ交換の頻度はかなり高いですか?」

 

と聞かれ

 

「単玉がメインなので、かなり高いです」

 

と答えたところ

 

やっぱりと言う感じで

 

単玉メインの撮影スタイルの人のカメラは

この現象がズーム基本の人に比べると

 

まま起きやすいそうです。

 

まぁそりゃ常に交換してますからね。

 

ズームでしたら一本で済むとこ

標準域でも3〜4本使う訳ですから。

 

でも原因が判明して良かったと

言うか

 

Nikon さんゴメンナサイと言うか

 

完全レンズが悪いと思っていたので

ビックリでした。

 

機材トラブルにはホント気を付けたいですね。

 

それでわまたっ