Life is simple , You make choices and you don't look back


f:id:nogo_studio:20150302220327p:plain

 

何度見てもハンのこのシーンはかっこいい。

ってか台詞がかっこいい。

 

 

ワイルドスピード3 のハンのこのシーン。

 

渋谷のスクランブル交差点を

屋上から見下ろしながら

 

ハンとショーンとのやりとり。

 

ハンの車をショーンが大破させた事に対して

彼が言った台詞

 

信頼出来るやつが欲しい

 

人は付き合えば正体が分かる

 

そいつを知るためなら車なんて安い

(スクランブル交差点を見おろして)

 

あの連中を見ろ

怖いからルールに従ってるだけだ

 

人生は単純だ。選んだ道は後悔するな。

 

 

かっこいいなオイ(笑)

 

 

人生は単純だ。選んだ道は後悔するな。

 

まぁでもホントその通り。

 

フリーランスってトコで生きてると

それは強く思う。

 

あと、信頼出来るやつが欲しい 

 

これもその通りだ。

 

僕らがある種、「お金」や「仕事」

に意識が向きがちになるのは

 

「仕事は絶対に裏切らない」

 

ってゆうのを

 

仕事の性質上、肌感覚で理解してしまうからで

 

そして、その対価として入ってきたお金を

愛するのは至極全うな事になってしまう。

 

もちろん、その仕事や縁を連れてきてくれるのは

「人」ではあるんだけど

 

お互いの期待値がイーブンで

保ててる時期は良いのですが

 

その均衡が崩れると

 

それは一種の「裏切り」みたいになってしまう部分もある。

 

自分が何処かで誰かに期待してしまう様に

誰かも自分に何かしらの期待を持つものだから。

 

ある意味それは諸行無常で

 

変わっていくのが自然の事であって

結果的に良いものであるとは思うんだけども

 

やっぱり人間だから、少しばかりの

寂しさみたいのも感じてしまう。

 

双方が同じ速度で成長出来れば良い。

 

これは理想論だけど

 

多分、それだと

 

ゆで蛙現象で

 

成長の幅は見られない。

 

見返してやりたいとか

 

追いついて、追い越してやりたいとか

 

そうゆう正当な欲は持つべきであって

 

皆でお手て繋いで仲良くいきましょうじゃ

 

ツマラナイ。

 

業種や人種は違っても

 

同じ志と言うか

 

核の部分で共鳴しあえる人間が居れば

カメラマンなんて基本、一匹狼で良いと思うんです。

 

ある程度やっていくと一人じゃないだってのが

見えてくるから。

 

とまぁ何だか長くなりましたので

今日はこの辺で。

 

それでわまたっ

 

Life is simple , You make choices and you don't look back

 

やっぱりこのシーン好きな人が居る様で

youtube にありました(笑)

 

宜しければどうぞっ