読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Don't hate the player , Hate the game

Blog 映画

f:id:nogo_studio:20150129201655j:plain

 

Don't hate the player , Hate the game (映画 The Innovatorより)

 

いきなりですが

少し旅人と漁師の話にお付き合いください。

 

旅「ここで1日中釣りを?」

 

漁「毎日じゃない でも ほとんどかな」


旅「網を使って釣れば?」

 

漁「なぜ?」

 

旅「今より多くの魚がとれる」

 

「そんなにいらないよ」

 

旅「沢山魚を売れば 船が買える」

 

漁「もっと獲るためにか?」

 

旅「もちろん」

 

漁「そしたら俺は船隊も持てるな 世界中を周り 俺の代わりに漁師も雇う」

 

旅「えぇ可能でしょうね」

 

漁「それで俺は一体何をする?」

 

旅「1日中、ビーチで魚を釣る」

 

漁「今と一緒じゃないか」

 

二人「ha ha ha」

 

これは The Innovator と言う映画のラストの方に

出てくるやりとりですが

 

有名な

 

メキシコ人漁師とMBAコンサルタントとの話を

分かりやすく

 

劇中で伝えてくれてるものですね。

 

家族を養えるだけの財力があり

自分も周りも楽しく暮らせている。

 

なぜそれ以上の金が居るんだ?

(なぜそれ以上の生活が居るんだ?)

 

と言う事を教えてくれてる教訓です。

 

何でこの映画を

今ブログに書いたかと言うと

 

先日、僕は起業家のスタートアップのセミナーに

行ってきたんですね。

 

と言うのも以前のブログにも書きましたが

 

これから30代をむかえます。

 

30代の人生どう生きようかと考えた時

 

どこかで「起業」と言うのも頭にあり

 

勉強しに行ったんです。

 

僕は今フリーランスなので

 

この数年はフリーランスとしての

仕事の仕方、生き方ってのを

 

勉強してきました。

 

ただ、フリーランス(個人事業)ってのは

 

商品が自分なので、自分が倒れたら終わりです。

 

でも組織だったら、仮に自分に何かあっても

それを防げる。

 

撮影と言う事に関して言えば

 

取引先を増やし

 

人を雇い(育て)

 

僕じゃなくても大丈夫な撮影は

他の人に任せる。

 

そしてその数が増えていけば

売り上げも今の数倍立てる事も可能になる。

 

複数人でやれば

 

何も写真だけじゃなく

動画撮影の方も可能になる。

 

そして、それに付随するサービスを

提供していっても良い。

 

で、ガサを大きくした後

お前は一体何をするんだ?

 

そこに対しての明確な答えは

今の僕にはまだ出せない部分でもあります。

 

海外に写真を撮りにいく。

(今でも出来るだろ?)

 

写真以外の事をする。

(今でも出来るだろ?)

 

商業カメラマンではなく写真家としての道を歩む

(お前それホントにしたいの?)

 

等々。

 

ただ一つだけ言えるのは

 

カメラマンだけで生きていく事に

少し飽きてきていると言う事です。

 

(写真そのものは、以前よりも好きになっています)

 

それと、今後の事を考えると

 

親の人生や自分の人生でも

 

今よりも僅かばかりのお金が必要となってきます。

 

法人格として組織化し

 

仕事をしていくか

 

フリーランスとして

 

撮影以外の事も取り組み

 

幅(商品)を広げていくか。

 

また個人でやる部分と

チームでやる部分と分け

 

トータル的に利益を上げていくか。

 

方法は今の僕には、見えてないだけで

まだまだ幾通りかは、あると思います。

 

ただ一つ言えるのは

 

それ(仕事)は手段であって

絶対に目的ではない。

 

好きな事をやり

楽しく健全にお金を得る手段が仕事であり

 

目的は、自分も含め、周りも

 

楽しく豊かに、そして幸せに暮らす事。

 

残業ばかりの仕事を選択するのも自由。

生産性と合理性を高め、17:00には終わってるのも自由。

 

家族と一緒に居たいのに

家族の為と深夜まで仕事をしているのであれば

 

それは選択する手段を多分、間違えている。

 

ホントに家族と一緒に居て

幸せを感じていたいなら

 

生産性を上げ18:00には家族のもとに

居るべき。

 

色々と考える部分はありますが

きっとそれはこれからの人生で見えてくるんだと思います。

 

どう生きたいか?

どう生きるか?

 

それは

 

写真とは何か?

 

と同じくらい

明確は答えは出ないものではありますが

 

だから、生きていたいと思うし

写真を撮っていたいと思うのかもしれませんね。

 

少し長くなりましたので

今回はこれくらいで。

 

それでわまたっ