スティーブジョブズ 伝説のスピーチ


 

ジョブズのこのスピーチ。

 

何だかんだで月1回くらいは

聴いてる気がします。

 

"私は自分の人生で何がしたいのかが分からず

そしてそれを見つけるために

 

大学がどうのように役にたつのかが分からなかった"

 

僕は大学を中退している人間なので

 

ジョブズのこのスピーチを

聴いた時、凄いささりました。

 

大学どころが、当時の生活が何の役にたつのかが

全く分からなかったから。

 

僕がカメラマン(フリーランス)と言う生き方を選んだのは

 

それ以前に ekakive をやっていたから。

 

当時ekakiveでやりたい事は

沢山あったと思うのですが

 

僕は大学も中退し

その後ekakiveからも離れてしまいました。

 

今思えばですが

 

きっと、そのどちらも必要な事だったと思います。

 

学歴が無いので

 

一般的なスタートラインに立てないし

立つ必要もない。

 

スタート自体は何処でも良いから

ゴールだけ見据える。

 

そして点と点を繋げる事。

 

今現在、ekakive は自然発生的な感じで

また活動を再開しました。

 

当時より年齢は重ねましたが

その分、出来る事もやりたい事も増えてます。

 

だから今迄の点をここで繋げる必要性がある。

 

僕は個人的にそう思ってます。

 

先日の記事で30代からはこう生きたいと言うのを

少し書いた気がするのですが

 

僕は5年単位での

 

ちゃぶ台返しの人生」

 

も良いなと思ってます。

 

世間一般では

 

転職→キャリアアップ→年収UP

 

をきっと狙うのでしょうが

 

そんなのはどうでも良いんですね。

 

多数決は世間の常識かもしれない。

でもそれが正義だった事はほぼない。

 

だから、僕の中で

 

常識に従う事は

 

自分をイジめる事になるので無しです。

 

だから5年単位での

ちゃぶ台返しの人生は

 

あまり人がやらない事だと思うので

やってみたいんですね。

 

今だと25〜カメラマンとして生きてきました。

 

もうじき30になりますが

 

30〜は ekakive がメインに来るでしょう。

 

ですがメンバー各々生活があるので

 

ここの活動で利益が出す事が求められます。

 

と言うか出すつもり居ます。

 

そして35〜

 

続けるつもりで居ますが

 

今度は居住地をアメリカに移したいなって

気持ちもあります。

(今の時点ではただの夢物語ですが)

 

と言うのも

 

人生は一回しか生きれないし

 

ナガサカヨシノブと言う人間の

一生は僕にしか作れない。

 

だから他人になるのは出来ないけど

 

生き方を変える事はきっと出来るはず。

 

だから、自分の人生のバリエーションを

増やしてあげたいんです。

 

時にはヒッピーみたいのも良いなと

思ったりもしますが

 

あまりそれは性にあわないかもしれません(笑)

 

まぁどうなるかはワカリマセンが

 

楽しそうだなと言う方に進んでいって

その過程も結果も楽しもうと思ってます。

 

少し長くなりましたので

今回はこれで。

 

それでわまたっ

 

f:id:nogo_studio:20150121222527j:plain