読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikon D750を仕事で一ヶ月使ってみた素直な感想。(2015年2月追記あり)


f:id:nogo_studio:20150112172517j:plain

※Nikon D610 を一ヶ月使ってみた素直な感想 はこちら 

Nikon D610を仕事で一ヶ月使ってみた素直な感想。 - nogo : artwork studio

 

Nikon D750 を購入してから一ヶ月程経過。


実際、お仕事で使ってみて思った事は

□ グリップが握りやすい!(バッテリーの位置が改良された意味が分かりました)
□ 暗部でのAF合致が非常に良い
□ 親指AFはやっぱり欲しい。(割り振り可能なので良いと言えば、まぁ良いが!)
□ 高感度はD800/D610よりも良い
□ info ボタンは慣れが必要
□ 非常に軽い 750g
□ チルトは動画撮影時に非常に良いが、どーせならバリアングルにして欲しかった。
□ ファインダーはD610より見易いがD800の方が見易い
□ ファインダー内水準器は垂直方向はないが
D800と同じ感覚で使えるのが良い。露出値が消えない(D610は露出値が消えるため)
□ エフェクトモードは要らないんじゃない?
□ 画像処理エンジンEXPEED4 は 3よりも粘りが強い感じ。
□ WB等、背面モニターでの変更となるが
慣れるとこちらの方が扱いやすい。

とまぁパッと思い付いた感じこんなトコでしょうか。

f:id:nogo_studio:20150112172554j:plain

FX機、初のチルト式モニター。
スナップでは、ほぼ使用しませんが
動画撮影時は結構使えます。

f:id:nogo_studio:20150112172632j:plain

f:id:nogo_studio:20150112172715j:plain

上D610 / 下D750 の小窓です。

D750はボディを薄くした関係で小窓も
薄くなっており

表示されるものが結構削られており
WBとQUALは表示されなくなりました。

購入する前、これが一番ひっかかったと言うか

使いにくいのではないかと思ったのですが
案外慣れると言うか

ISOの変え方/WBの変え方は

従来機種と変わらず

表示場所が小窓から背面モニターに
変わっただけで

むしろ背面モニターのが見易いので
今はこっちの方が好きになりました。

f:id:nogo_studio:20150112172751j:plain

赤丸のinfoボタンで今の設定が
瞬時に確認出来ます。

f:id:nogo_studio:20150112172836j:plain

WB

 

f:id:nogo_studio:20150112172923j:plain

QUAL

 

f:id:nogo_studio:20150112173001j:plain

ISO

 

また、カラー設定も
今回から0.25刻みで変えれる様になったのも

非常に良い点でした。

ピクチャーコントロール
も明瞭度が変更出来たり等

様々な点が改良されていますが

今のところそこはデフォルトで使用しています。
(今後少しイジるかもですが…)

トータル的にみて

このくらいのカメラが20万しないくらいで
買えるなら安いと思います。

シャッター耐久も15万回クリアしてますし

実用的なカメラです。

僕自身、D800も所有しておりますが

D750/D610の方が出番が多いくらいで
D800はスタジオ以外ではあまり使用しなくなりました。

そのくらいミドルクラスのカメラの性能が
上がってきたんですね。

きっと近い内にもう一台買ってしまいそうです(笑)

それではまたっ

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750
ニコン (2014-09-25)
売り上げランキング: 9,837

□ D750 フレア問題が出ております。

ニコンデジタル一眼レフカメラ「 D750 」ご愛用のお客様へ | ニコンイメージング

 

□ D800 / D610 と比べると

 

若干マゼンタが強い傾向があります。

 

グリーンを乗せると

理論上は解消されるのですが

 

スゲー色が濁ります。

(状況によりますが)

 

ブルーを0.5〜0.75程、補正でいれると

良い感じになります。

(個人的主観ですが)

 

結構、同業者の間でも

「マゼンタ強くない?」

 

と話になる事が多かったので

書いておきました。