読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田松陰 士気七則


f:id:nogo_studio:20150112160150j:plain

一つ、およそ、人として生まれたならば、人が鳥や獣と違う理由を知らなければならない。
思うに、人には、人として守るべき五つの道理があり
その中で君臣と父子の関係が最も重要である。
ゆえに、人が人であるための基本は忠と孝である。

一つ、日本に生まれたのであれば、まず日本の偉大なるところを知るべきである。
日本は万世(万葉)一統の国であり、地位ある者たちは歴代にわたって
責任ある禄位を世襲し、人君は民を養いて先祖伝来の功業を継ぎ
臣民は君に忠義を尽くして祖先の志を継いできた。
君臣が一体であり、忠孝を一致して実行しているのは
ただわが国においてのみである。

一つ、士の道において、義より大事なものはない。
その義は勇によって行われるものであり
勇は義によって育つものである。

一つ、士の行いは質朴実直にして、人を欺かないことが最重要で
巧みに人をだまし、偽ることを恥とする。
人として光明正大がいかに大事であるかは、皆これを原点としている。

一つ、人として生きながら、古今の真実に通ぜず
聖腎を師として学ばなければ、くだらぬ人物となってしまう。
だから読書して古人を友とするのは君子の大事なつとめである。

一つ、完成した徳を得たり、広く物事に通じる才能を育てるには
良き師の教導と、良き友との切磋琢磨がどれだけ必要か。
だから、君子は交遊を慎むのだ。

一つ、死してのちに已むの四字は、言葉上は簡単であるが
意味するものは遠大である。堅忍果決で、何事にも動ぜざる者になるためには
この言葉を置いて他にない。

この士気七則を要約すれば三点である。すなわち、志を立てて万事の原点とし、
友を選んで仁義の行を助け、読書によって聖人の訓を学ぶ、

士たる者、もしもここに得ることが有れば、また人と成る足るであろう。



吉田松陰先生の士気七則

自分は学生時代、歴史はおろか
勉強そのもの自体に興味が湧かなかったので

一切してきませんでしたが

何故か大人になってからの勉強は楽しく

吉田松陰先生に関する文献は

今年になってから不思議と結構読んでたりもします。

僕らの生きてる時代と
吉田松陰先生が生きていた時代は

全く違いますが

この士気七則は今の時代でも通用しますし
むしろ、今の時代にこそ必要な気もします。